りんご音楽祭

BUYTICKET

RINGOOO A GO-GOオーディションライブ

2016年参加アーティストからのコメント(あ→ん順)

りんご音楽祭には他のどんなフェスとも違う独特の魅力があります。もっと規模の大きいフェスは他にもあるけれど、この規模感だからこその一体感やお客さんとの近さ、なにより肩肘張らずに自然体でいられる心地のいい空間です。丸1日会場にいて他のアーティストを観ても疲れを感じないような。
是非一度出演してりんご音楽祭の魅力を存分に味わって下さい。
【I Saw You Yesterday】

りんご音楽祭2016に出演しましたunizzz…のVo.Gt.のZakihendrixです。りんご音楽祭の魅力は主催の方であるdj_sleeperこと古川さんがとても音楽が好きだということです。りんご音楽祭2017のRINGOOO A GO-GOに出演される方は、本祭やプレイベントで度々会うことがあると思います。一見、僕らを品定めする人のように見えますが、実際はいろんな音楽に詳しく気さくな方で、少ししか話せませんでしたがとても面白かったです。その規模に関わらず音楽に非常に詳しい方の主催イベントに出演できることはミュージシャンとして非常に嬉しいことです。りんご音楽祭2017で彼と一度話してみるとカッコイイ音楽を教えてくれるかもしれません。ぜひ。
【unizzz…】

RINGOOO A GO-GOへ 参加させて頂いて、何より色んなバンド、色んな音楽、色んな人間、色んな感情に出逢わせて頂いて、すごく刺激的で、すごく幸せでした~!昨年、初めてお逢いした方々とオーディションをきっかけに今でも仲良くさせてもらっていますし、人と人を繋げる最高のイベントです。これからオーディションをお受けになる皆さんはとにかくその瞬間を楽しんでください!ライブはもちろんのこと、出逢い というものがたーくさん転がっております。ちゃんと目と目を見て、心を通わすことで何倍も楽しめると思います。楽しんでくださいね!!!僕も今年も出たいな~出させてください!!!笑
【大野雄介】

RINGOOO A GO-GOからの選出でしたが、そばステージに出演させていただき、改めて主催者、関係者の皆さん、ありがとうございました!
りんご音楽祭は松本市街が見渡せたり、自然豊かで最高のロケーションでライブができます。
RINGOOO A GO-GO含め、普段混じりえないアーティストの方々、お客さんと接せれるのも魅力で楽しいイベントでした!
【Orland】

RINGO A GO-GO に参加して良かった事は、いろいろとありますが、まず一番伝えたい事は、参加しないと分からないという事です!
例えば、自分たちのライブ中の動きや、曲を再度見直す切っ掛けになり、それらを再度見直す事で士気もあがり、クオリティーもあがったと思います。
それら全てが繋がり、今の自分達の可能性が感じられる様になりましたが、それも全て参加した事によって得られた事だと思っています。
なので、これから参加を考えている人には、参加しないと分からないという事を伝えたいです!
【Slow Riddim & Good Times】

昨年RINGOOO A GO-GOを通して、りんご音楽祭に出演させて頂きました!
りんご音楽祭は僕達の地元である長野で開催されている大きなイベントで、毎年好きなバンドが多く出演していたので、自分達も出演する事ができて凄く幸せな経験が出来たし、バンドの活動としても大きく背中を押してもらいました。その経験ができたのもRINGOOO A GO-GOがキッカケをくれたからで、何かのキッカケを掴むためにはまず参加する事に大きな意味があると思いました。
【Sentimental boys】

出演させてくれてありがとうございました!
予選からライバルとの戦いですが、カッコイイ音楽やってる友達が出来たりして貴重な体験で楽しかったし自信にもなりました。
散々お世話になっておいて僕たちは時に厚かましい男たちなんで今年も出る気でいますよ?
次に出るまでに我々は前歯を折ったりアンプ壊したり遠征で散財したり身を削って準備してるからみんなと会う頃には10センチくらい背が縮んでるかもね。
打ち上げに出るところまで勝手に想像してるので、これからオーディションに参加しようと思ってる皆!松本で会おうぜ!
【Nuke】

今回RINGO A GO GOから通っての出演でした。オーディション枠からは唯一、おやきステージでやらせてもらえたのでモチベーション上がりまくりでした!Voidのスピーカーも初めてだったのですが、中低音のパワーがすごくて大興奮!
出番が1日目の二番目だったので、人の入りも最初はまばらだったけど、最後は満員御礼なくらい集まってくれて、幸せでしかなかったです!
スタッフさん、お客さん、演者さんあの場のすべてに感謝です!
【バケツドラマーMASA】

良いものは良いって、RINGOOO A GO-GOで問われるのはそこだけ。‬そう思ってます。
‬僕らは過去2回りんご音楽祭に出演してます。その2回ともこのオーディションから。‬その他にも色々な場所に出たりしてたんですが、それを初めて、そして改めて認めてくれたのはこのりんご音楽祭ってフェスだった。‬
‪りんご音楽祭を体験してどうだったかってとこですが、‬
‪やっぱりもう1回出たいって思ってます。‬
‪もう1回、またなんかあるんじゃないかなぁってどうしても思ってしまうから。‬
【ハロルド】

RINGOOO A GO-GOは、人が心に秘めてるものをちゃんとすくい上げてくれるオーディションでした。
2度のりんご音楽祭出演で、多くの人に知ってもらえたし、なにより全ての音楽好きに開けたフェスに参加できることは、本当に楽しいし嬉しかったです。
コアでポップで中毒性のある不思議なフェス。
気ままなスタッフさん、友人との再会、新しいつながり。たくさんのものを受け取りました。
出演側からのりんごも是非体験して欲しいです。
【豆尖】

2016年のRINGOOO A GO-GOに参加して、りんご音楽祭へ出演させていただいたむぎ(猫)です!あっちょ☆
オーディションは多くの人に聴いてもらいたいと思ってるミュージシャンには魅力がたくさんあって、例えばどんなバンドがどのくらいの緊張感で音楽に向き合ってるかとか見ることもできるし、自分自身の音楽も見直すことができるし、受ける段階でのメリットがたくさんあります!むぎもその時とっても勉強になったし、周りのみんなと同じようにむぎももっともっと頑張ろー!って自分のパワーにもなりました。
とにかく”受けて損無し”のRINGOOO A GO-GOですので、気軽な気持ちで是非、挑戦してみて下さいねっ!!!あっちょ☆
(「あっちょ☆」はむぎが考えた渾身の決めゼリフですので、先に登録商標取らないで下さい。どうかひとつ!お願いします!)
【むぎ(猫)】

我々は昨年春ごろから本格的にやり始めた歴の浅いバンドですが、RINGOOO A GO-GOは完全ライブ審査の透明度が高いオーディションであるということを聞いて夏頃に参加させてもらい、ありがたいことにりんご音楽祭にも出させていただきました。直に審査してもらえるため良い緊張感があり嬉しかったです。
りんご音楽祭は長野の深い自然と極めてステキな音楽が混ざり合い、全編にわたってとんでもない幸せ空間となっています。そんな中で演奏できるのは心底気持ちいいです!音楽やってる全ての人におすすめしたいオーディションです。
【メロウ・イエロー・バナナムーン】

RINGOOO A GO-GOに出演して今まで交わる事のなかった界隈のバンドさん達と知り合えてとてもうれしかったです。
オーディションという空気感も刺激的で、自分達の力量を試す良い機会だったので参加して本当によかったと思っています。
今年もまだ知らないカッコいいバンドを知れるのが楽しみです。
【THE ROAMERS】

去年、3人が「りんご音楽祭に出たい」と口にしたのは、思ってるだけじゃ勿体無い事に気付いたからだと思います。緑の見えるところで自分たちの音楽を演奏する、できそうでなかなか出来ないことです。山に向かって、歌えるなんて、なんて気持ちいいことなんだろう!
オーディションからあの野外ステージをイメージして臨みました!りんご音楽祭にでたい!その気持ちを大切に楽しんでください!
【The Wisely Brothers】

オモロいものは割と受け入れてくれるような気がします、りんご音楽祭は。たぶん。
あと助言ってほどでもないですが、当たり前だけど自分達のお客さんをしっかり呼んだ方が良いと思います。
本来の実力を発揮しやすくなるので。
大変かもだけど、受かったら松本でお釣りがきますよ。
【WATT a.k.a. ヨッテルブッテル】

2015年参加アーティストからのコメント(あ→ん順)

Apotheke_Profile72RINGOOO A GO-GOは、変わってる。音楽に貪欲。深い懐。だから、大丈夫だと思う。周りのみんながどんなかっこいい音楽をしてても、自分の信じるセカイを全力で響かせれば、りんご音楽祭は受け入れてくれるはず。こんな自由なフェスはないと思います。ぶつかってみたら、いいじゃない!(と、こんな偉そうなコメントを書かせてもらってるのも、あの時オーディションに応募したから、、、と、全てに感謝。)
【Apotheke】

ukudadaiknow72りんご音楽祭のことは2013年頃から知っており、行ってみたいという気持ちが強まっていました。2015年のりんご音楽祭は元々遊びに行く予定だったのですが「RINGOOO A GO-GO」の存在を知り、出演者として行けたらより楽しめるだろうなぁとオーディションを受けることにしました。りんご音楽祭での経験はかけがえの無い思い出になりましたし、その経験はりんご音楽祭を終えた後も色んなご縁を紡ぎ、背中を押してくれています。りんご音楽祭が好きで音楽をやってらっしゃる方は得るものばかりだと思います。(もちろん遊びに行くのも得るものばかり!)
また必ず、りんご音楽祭に遊びに行きたいです。
【MCウクダダ】

オーディションに落ちても松本まで参加者として遊びに行けばいいし「もしかしたら」という淡い期待と「楽しみたい」という想いで参加しました。りんご音楽祭では、普段知りえないお客さんたちが自分たちの音楽を聴いてくれる機会が、錚々たる面々と同じこんな大舞台で!という状況が夢でしかなかったし、参加して本当に良かったと思いました。(予選、当日ともに) 今後参加しようと思っている方へのアドバイスとしてはとにかく「楽しむこと」だと思います!ギラギラした情熱ももちろん大切だと思いますが、わ~楽しいな~と思っていたら主催者であるdj sleeper氏のアンテナに引っかかります(笑)皆さんがワクワクしながらRINGOOO A GO-GOにチャレンジしてくれたらもっと盛り上がると思います!今年も行きたい~!!
【MC i know】

かんのめぐみ72「もっと色んな所に行って、色んな人に会ってみたらいい」それがライブオーディション後に主催者の方がくれたアドバイスでした。技術の事を言われるのかと思っていましたが、そうじゃなかった。日本一小さな香川県からほぼ出た事のなかった私にとっては色んな意味で腑に落ちる答えでした。少しずつ色んな場所へライブに行く度そのアドバイスを実感します。日程も場所も、こんなに選べる!行ってみたい!という直観で参加してみてはどうでしょうか!!
【かんの めぐみ】

sasakiryota72応募した一番の理由は(LIVE審査)だったこと  (目の前にいる人を感動させるかどうか)だけ  その頃のボクには(音源)も無かったし
全国各地LIVEを見て回り  とにかく面白い奴を探していく  技術も、ネームバリューも関係ない  (どこまでもフェアでいたい)っていう  主催者の気持ちも感じたし
通過したからいえる事かもしれない  (応募して 良かったー!!)
【ささきりょうた】

CICADA72今まで2度出演させていただいたRINGOOO A GO-GO。CICADAにとって初めての野外フェスであり、何よりも松本の自然の中でのライブは本当に気持ちがよい!先輩ミュージシャン達とも交流ができ、私たちにとってこんなに気持ち良いライブは中々ない経験でした。非常に多くの繋がりができ、バンドの活動範囲を広げるにもぴったりのフェスですよ。
【CICADA】

dgm72夏が過ぎ、日焼けの跡が残る頃、最高な秋を迎えたくてりんご音楽祭のオーディションに参加しました。メンバーがオーディションライブ直前に緊急入院したり不安だらけでしたが、そんな時に駆けつけてくれた仲間達に支えられ自信を持ってライブができ、見事出演が決定しました!りんご当日のライブがヘッドライナーと一緒にJ-WAVEで放送されるというご褒美もあり、最高なりんご音楽祭でした!
【Delicious Grapefruits Moon】

tempalay72こんにちはTempalayです!りんご音楽祭は出演はもちろん、遊びに行くのも初めてでしたが、とても興味のあるフェスだったので呼んでもらえて嬉しかったです!出演者とお客さんの距離も近く好きなアーティストが酒飲みながらその辺ほっつき歩いてたりしてます笑。会場から駅の方に降りても、街全体がりんご音楽祭ムードになってましたね。駅近くで何か食べるなら名物のジンギスカンがめっちゃ美味しいですよ!また絶対遊び行くぞー!!!
【Tempalay】

プリマドンナ72プリマドンナです。りんご音楽祭はとにかく森に囲まれた雰囲気が最高で草木に寝そべるもよし、お酒を飲んで踊るもよし、そして僕らにとっては新しいアーティストとの出会いがいつも衝撃的です。こんなヤバいのがいたんか〜ってな感じで。オーディションから出演させてもらった身からすれば本当に音で選んでくれるフェスがりんご音楽祭だと思っています。また出演したいです。
【プリマドンナ】

mizusumashi72数々のレコード会社、ロックフェスに落選し続けたボクたちを、唯一出演させていただけたのが、りんご音楽祭でした。りんご音楽祭に出演できたのは今の自分たちの大きな自信になっています。りんご音楽祭はジャンルより、自分たちの表現がいかに人の心を打てるようになるか日々精進しているアーティストが集まるフェスです。RINGOOO A GO-GOもそんな人たちがたくさん集まる場になればいいなと思います。
【みずすまし】

uko72ずーーっと出演したいと思っていた念願のりんご音楽祭!!2015年のRINGO A GO-GOを無事に突破しての初めての出演だったのですが…その瞬間は思い出に残る本当に最高のモノでした!!!フェスならではの空気感と、長野と言う大自然に囲まれた他にはない特別な環境、そして音楽を届ける人とそれを受ける人との距離感の近さ、これはりんご音楽祭でしか味わえない特権だと思いました。
【UKO】

2014年参加アーティストからのコメント(あ→ん順)

RINGOOO A GO-GOに参加して結成半年ながらもりんご音楽祭に出演させていただき、とても感謝してます。バンドとしても知名度が上がり、またかっこいいアーティストの方々とも知り合い、りんご音楽祭が終わった後も様々な形でイベントに誘っていただいたり、交流させていただいてます。音楽を愛している温かいオーディエンスの方々はもちろん、アーティストの方々も温かく本当に良いフェスであるなとつくづく感じています。
【阿佐ヶ谷ロマンティクス】

わたし、ライブハウスG-shelterを運営しつつ、我如古ファンクラブってバンドをやってるんですけど、去年は自分のハコでオーディションしつつ、結局自分のバンドが通過してしまって、もう気まずいったら無い‥!!!我如古よか自分たちの方がイケてるって思ってるヤツもいるんだろ?まとめてかかって来いや!!!(今年は我如古出れないんだけど‥)
【我如古ファンクラブ・1号 黒澤 佳朗】

RINGOOO A GO-GOでは、ただのオーディションライブとは違い、アフターパーティーやツアーの際にも協力していただき非常に沢山の繋がりが出来ました。野外でのライブはモニターの面など、ライブハウスでのライブとは大きく違いますよね。トラブルが起きても1つの演出にするエンターテイメント性と自分たちの音楽を信じて参加してみて下さい。りんご音楽祭での開放感のある野外ステージでのライブ・・・とても刺激的なライブですよ!
【CICADA】

京都でのRINGOOO A GO-GOに参加したとき、「ああ、この人たち(りんご音楽祭主催者やスタッフ)は愛を語るのではなく愛そのものだな」と思った。音楽への愛、地元への愛、そしてお祭りへの愛。嬉しいこと、楽しいこと、気持ちいいこと、をなぞってゆくと、りんご音楽祭のような輪郭にたどりつくのかもしれません。昨年、まさかの2日目のりんごステージへの抜擢。意気に感じました。今年もまた、9月にアルプス公園の空気を吸いたいと思っています。
【chori】

日本全国にいる未来の才能及びロックスターに告ぐ。今一度、最寄りのRINGOO A GOGOオーディションの詳細を見てみるのだ。そこには純粋なチャンスしかないことがわかるかい?まずはやってみなはれ未来の才能及びロックスター諸君。そこへ飛び込んで人生をロックするのだよ。それでもまだブレーキを踏んでいるのなら、それはもう国家の損失だ。そう思わないか?
【天祭band】

ハロー皆さん!!「RINGOOO A GO-GO」そして「りんご音楽祭2014」あのひと夏、いやひと秋の出来事を僕たちは一生忘れることはないでしょう。自分で体感できるチャンスがすぐそこにあるって素晴らしいと思います。素晴らしい音楽人、景色や美味しい食べ物との出会いはすぐそこにありまっせ!!!「RINGOOO A GO-GO」ぽちっと応募してや!行動力大事やでってお母さんも言ってました!!皆さん、「りんご音楽祭2015」で会お!!
【プププランド】

縁があって出演が決まったりんご音楽祭。どこから僕らをみつけてくれたのか、当日のステージにきてくれたお客さんの顔はずっと忘れられない。良いモノを届けたい、音楽の真ん中にあるピュアネスが皮膚感覚で伝わってくるようなフェスでした。世の中には、まだ名前も知られていないヤバいバンドが、今もどこかで演奏しているってこと。現場の空気、0秒回転で初めて耳に入る、そんな新しいバンドとの出会いがRINGO A GO-GOにはありました。いつかはりんごステージでばっちり演奏したいナ。
【プリマドンナ】

昨年、りんご音楽祭の本拠地、瓦レコードへオーディションLIVEに遠征したのを思い出します。僕達のような無名者でも、まっすぐに見て聴いてくださったこと、発掘してくださったことに大変感謝しております。当日の会場では、今までにライブを御一緒した方々や、駆けつけてくれた友人等と会うことができ、思い出深い1日となりました。2人に大きな成長を与えてくれたりんご音楽祭です。今年オーディションに参加される皆さんにも、この禁断の果実を味わってもらいたいです。
【豆尖】

りんご音楽祭は日本アングラシーンの巣窟。チルでアウトでドープでいてポップ、弾き語りの隣でラッパーがセイホーやってる。電子音から原始音までお腹いっぱいになれる最高のフェスだ。そんなフェスのオーディション。どんなジャンルでも「いいものはいい」純粋にそんな基準で選ばれるのはこのオーディションの特徴。なんせ無名だった俺たちをこんなにひろってくれてるからね。
【夕暮れの動物園】

たくさんある音楽フェスの中でミュージシャンにフラットに出演チャンスを与えてくれるものは少ないように思います。リンゴアゴーゴーは貴重な機会、そして何より企画そのものがカウンターだし、迷うくらいならステージに上がるべき。そして精一杯、鳴らすべき!
【YOCO ORGAN】

2013年参加アーティストからのコメント(あ→ん順)

他フェスでは見受けられないほど個性豊かな出演者ばかりで、とても刺激になりました。自分たちのスタイルをそのままぶつけていくのが何よりかと思います。また、会場のロケーションや立地、構成や規模感などが良く、とても楽しめました。音楽やフェスを知るのはもちろんですが、松本という街を知る上でもとても重要で刺激的なイベントではないかと思います。
【GAJAGAJA】

(RINGOOO A GO-GO以前からのことですが、)右も左も分からないまま、大きいステージで演奏させてもらったり、とても天気のいいお昼どきに散歩している幼稚園児たちを脇目に演奏したり、ということを思い出深く記憶しています。たぶん、ライブハウスだけではなかなかみてもらう機会のなかった人と出会えたのかな、というのは強く感じています。お陰さまで、他の街に遠征することも出来ました。もちろんいろんな人が観られるから、同時にシビアであるともいえます。いずれにしても一つの大きな糧だな、と思います。
【ジ・オーパーツ】

別に受かっても落ちても、緊張感がある他バンドの演奏を観るのはあまりない機会だと思います。あと、参考にするかは別として、(ムカつくくらい)素直に感想を言う主催者に、どうだったか聞いた方がいいのは、絶対!くそー、オーディションライブとか受けなくて済むくらいになってやろうぜえええええ!
【水曜日のカンパネラ・コムアイ】

笑っちゃうくらいドラマチックなことがそこかしこで起こるRINGOOO A GO-GO。過去2回参加したわたしたちも、そのあたたかな渦のなかで泣かされ笑わされ、(まんまと!)立派なりんごキッズへと育ってしまったクチです。すべては主催するみなさまのりんご音楽祭への(ときに横暴なほどの!)愛情が成すことと思っています。だからわたしは、りんご音楽祭がいい!
【ノンブラリ】

りんご音楽祭2014にて、choriバンドさんがRINGOOO A GO-GOから一気にりんごステージに出演されたのがとても印象に残っています。ルーキーとして一括りにするのでは無く、実力に応じてその先が変化するという枠組みに、自分のような下っ端から、各地の実力者様も、それぞれにわくわくできるオーディションだと思います。
【わたなべよしくに】

2012年以前の参加アーティストからのコメント(あ→ん順)

確かリンゴーアゴーゴーの第1回目の時に、金沢から真冬の雪道を松本まで向かい、オーディションを受け、りんご音楽祭に出演する機会をいただいた記憶があります。去年からは、地元でもオーディションやってるし、チャンスがこの2,3年で拡がったイメージが。多種多様な出演者による長野県、松本のステキなフェス、りんご音楽祭出演への入口はこちら。
【noid】

2012年にRINGOOO A GO-GOから出させてもらって以来、2013年、2014年と連続で1番大きいりんごステージで出演させてもらっているのですが、毎年あたらしい出会いがあり、ミュージシャンとして得難い経験をさせてもらっています。バンド歴だいぶ長いんですが確実に1つの転機になりました。毎年ここからほんとに面白い人、沢山出てきてるので、今年もどんな人が出てくるのか楽しみです!
【箱庭の室内楽】

メジャーシーンだけでなく、アンダーグラウンドな音楽にもしっかりアンテナを伸ばしたお客さんが集まるイメージのりんご音楽祭。その間口の広さで、なにかのきっかけになる出会いもきっとありますよ。
【原田茶飯事】

RINGOOO A GO-GOについてのトークなど

「J-WAVE・TOKYO REAL-EYESでの藤田琢己×グローバー×主催者の対談をアーカイブ!」
http://ringofes.info/talk/jwave0226/

「オーディション・グランプリアーティストへのインタビュー公開!2014年・夕暮れの動物園、2013年・ノンブラリ!」
http://ringofes.info/talk/gogo/

「オーディションに関する水曜日のカンパネラ・コムアイxヴィーナス・カワムラユキx主催者のスペシャル対談企画!」
http://ringofes.info/media/talk01/

過去のRINGOOO A GO-GOの概要

RECENT NEWS