NEWS

2022.12.26NEWSTALK

連載:わたしたちの「りんご音楽祭」 vol.6

この感情をどうしよう!走りたい!と思って、そのまま走り出しちゃいました。

 

 

俺、ギャルラッパーの話しかできないですけど大丈夫ですか?いやぁもう、推しのギャルラッパーが出るっていうから、今年初参加したんです。コロナの中で東京に行きづらかったし、せっかく長野まできてくれるならいこうと思って。推しの初現場が地元ってアツいなって。

 

推しは、valkneeさんです。彼女の出演が決まったあと、彼女の所属しているギャルラッパーのグループのメンバーもほぼりんごに出ることになって。しかも全員の出演日が一緒だったんですよ。これはやばいよ、なんかあるんじゃない?って淡い期待を持ちつつ行きました。

 

初日だったんですけど、まぁどしゃぶりで。みんなびしょ濡れだし足元ぬかるんでるし、これ大丈夫かなぁと思いながら、一発目のステージに行ったんです。そしたら、あっこゴリラさんがMCで「雨サイコー!!雨こそ最高の演出!!」って叫んだんですよ。それから、ライブ中にいきなりバナナ型のマラカスを手売りし始めて。慌てて千円札を握りしめて叫んだんだけど、俺はちょっと後ろの方にいたから見つけてもらえなくて。なんとかステージの真ん前まで行ったら、もう売り切れ。ビチョビチョの千円握りしめて立ち尽くして。でも、それで逆に「今日1日、このテンションで行くぞって!」って楽しくなっちゃった。

 

そのあとは田島ハルコさんのステージに。今まで、音源を聴いても「よくわかんないな〜」、くらいだったんだけど、実際に観てみたらめちゃめちゃかっこよくて! おもちゃの剣を振りかざしてライブしてて、そのなりでかっこよくあれるなんてアーティストだなって。

 

それからASOBOiSMさんのライブを観に行ったら、なみちえさんがゲストでステージ上がって歌い出して……。もうめっちゃ歌うまくて!かっこいい。俺、今日いいもの見過ぎじゃない!?意味わかんねぇ、今日死んでもいいなぁって、もうテンションが300%くらい上がっちゃって。この感情を誰かと共有したいけど、一人参加だったから、この感情をどうしよう!走りたい!ってそのまま走り出しちゃいました。

 

いよいよvalkneeさんの出番になって、そばステージに行ったら、前にやってたJUBEEさんもすっごくよくて。これ、フェスあるあるだと思うんですけど、推しのアーティストの前後の全然興味なかったアーティストがふいに刺さったりするんですよね。

 

ライブは……、valkneeさんが、でっかいステージで、好きな曲を全部やってくれたんです。「Scrapbook」って曲は、推しへの気持ちを歌った曲なんですけど、「それ、俺の気持ちだよ!!!」って感極まって泣いちゃいました。ライブ後に物販に行ったら、本人が手売りしてて結構ゆっくり話す時間があって。実は、行きの電車の中で手紙を書いたんですよ。それを直接渡したら「ありがとうございます!」って受け取ってくれて、もう昇天しました。ファン冥利に尽きる1日でしたよ、本当に……。

 

▼インタビューの中でお名前が出てきたvalkneeも出演する、12月30日のイベントの詳細はこちら

https://eplus.jp/sf/detail/3766030001-P0030001

 

▼「わたしたちのりんご音楽祭」:「りんご音楽祭」は、スタッフ、アーティスト、そしてあなた、みんなで作る「祭り」です。参加者それぞれの視点から、「りんご音楽祭」について語ってもらいます。