チケット
購入はこちら

RINGO FES.2019

ドラびでお(three modular nuts)

  • 東京

2012年、30年間プロとして活動してきたドラムを引退。その後tkrworks社と長年開発を進めて来た映像と音楽をリアルタイムにリミックス出来る自作楽器「DORAnome」により活動を再開。既製の楽器ありきの音楽では無く楽器自体から自分自身の音楽専用に一から作り上げるというコンセプトを打ち出し「LaserGuitar」を制作し圧倒的な個性と唯一無似な世界観で世界的な評価を得る。近年では従来の自作楽器に限界を感じモジュラーシステムを導入し市販のモジュラーと自作モジュラーを織り交ぜ自分独自の音楽システムを作りあげ活動の幅を広げている。

 灰野敬二との「静寂」大友良英との「I.S.O」「ANODE」「CATHODE」サイケロックバンド「Acid Mothers Temple」元BOREDOMS山本精一の「想い出波止場」After DinnerHACOとの「Happiness proof」等に参加。国内外のアーティストとグループ、ユニットを組み現在CD、DVD、LP等100作品以上を発表している。

 2005年にはARS Electronica(オーストリア)にてその年の優れたDigital Musicsに贈られるHonorary Mention賞を受賞。世界芸術界の最高峰ベネチアビエンナーレ、スペイン「サラゴサ万国博覧会」等に日本代表として招待され人気テレビ番組「SMAP×SMAP」やCMにも多数出演し数々のメディアに紹介され近年ではCM制作や映画出演、文筆活動も盛んに行っている。

 ノイズ・フェス「GIGANOISE」モジュラー・フェス「GIGAMODULAR」ディスコ・フェス「GIGADISCO」アイドル・フェス「GIGAIDOL」インプロ即興フェス「Collaboration Break Down」都市型サーキット・フェス「4D」などのフェスを世界各地で展開しモジュラーのワークショップや子供向けの音楽ワークショップ等も全国各地で頻繁に行っている。