RINGO FES.2018

上里尭

  • 東京
  • GO-GO ’13
  • GO-GO ’14

上里尭(うえざとゆたか) 

1992年、東京都生まれ。沖縄出身の父と、東京出身の母の元に生まれる。

中野の沖縄料理屋あしびなー、大久保のアイヌ料理屋ハルコロなどで働き、
様々な民俗文化・民俗音楽・民俗料理に触れ、日々気ままに音楽活動をしている。

毎年11月頃に中野で行われる、アイヌ・沖縄を中心とした様々な民俗文化が交わる祭「第25回チャランケ祭2018」実行委員長。

ソロでのギター弾き語りを主な活動とする傍ら、中野あしびなーでの月例ライブ「月と波の宴」などを中心に沖縄民謡のサポートギターや歌などを修行中。

代表曲は「玉子焼きのうた」「緑茶割のうた」「別れたいなら」など。

りんご音楽祭2013 出演 (RINGOOO A GO-GO / きのこステージ)
りんご音楽祭2014 出演 (RINGOOO A GO-GO / ウェルカムステージ / シャトルバス)
りんご音楽祭2015 出演 (シャトルバス)
りんご音楽祭2018 出演 

Twitter
https://twitter.com/pocklly

Mail
cho2.police@gmail.com

チャランケ祭
https://charanke.jimdo.com

月と波の宴
https://www.fb.com/tsukitonaminoutage


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2012年5月「りんご音楽祭2012春」よりスタッフとして関わり、以来りんご音楽祭をこよなく愛し、
今年でスタッフ7年目となる。出演者も裏方も対等に場をつくっていくことをモットーとしている。
環境スタッフとしてゴミを拾い、仮設トイレに給水をし、紙を補充し、覇気の無い顔で会場内を彷徨う様は、
オフィシャルカメラマンクルーにとっての恰好の的となっている。

(うえざとゆたか / りんご音楽祭 環境スタッフ)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


彼氏と別れ話中、仲間には強がって「笑」と送ろうとして予測変換で誤爆。
「別れたいなら」が生まれたのは、紛れもないそんな私の実体験がネタになっている。
泣きながら、何度も笑って聴いたあの曲が、今や代表曲となってしまった。

格段に歌が上手いわけでも、一瞬で場が沸くような華やかさを持ち合わせているでもない。
だけど、そんな等身大の切なさや、少しのユーモア、聴く人をふしぎなノスタルジーに浸らせる”不完全な美しさ”。
それが彼の音楽の最大の魅力だ。平成における、最初で最後の【侘び寂び系シンガーソングライター】として、今後一番の注目株である。

(しまざきあさみ / 作家・ライター)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

人懐っこいけれどありふれていない独自のメロデイ。
芯のある歌声。くすっと頬を緩ませる詞。
あったかいごはんの様な、生活の中から生まれる音楽を展開。
上里尭の楽曲にはいつも「誰か」が息づいていて、
その「誰か」はあなたかもしれない。
(田中美咲)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------