りんご音楽祭

BUYTICKET

RINGO FES.2017

ARTIST

ARTIST

  • 9/23 sat
    • わさびステージ
  • 愛知

ENTH

名古屋次世代メロディックパンクシーンの大本命!
2013 年4月初期衝動を詰め込んだ
1st Mini Album 『Get Started Together』 をリリース、 無名の新人ながら約2000枚をセールスする。
2014年4月2nd Mini Album 『Never Let Go』 をリリース。
リリースツアーでは初日名古屋栄R.A.D、 ファイナル名古屋大須RAD HALL共に即完ソールドアウト!
年末には盟友EVERLONGと名古屋CLUB QUATTRO で 『JUNGLE TYPHOON』 という共同企画を開催し2マンライブを大盛況で終えた。
2015年元旦2000枚限定シングル 『Before Sunrise』をリリースし即完売!
7月には3rd Mini Album 『Entheogen』 をリリース。
Entheogen リリースツアーファイナルでは名古屋CLUB QUATTROをパンパンに埋め尽くし灼熱のライブを魅せた。
2016 年 3 月 2nd Single 『SOMEWHERE WE HOPE』 をリリース。
レコ発イベントを兼ねて 4 月 9 日には初のワンマンライブを RAD HALL にて開催。 チケットは早々に 300 枚ソールドアウト! その日を持って長年ドラムを前任ドラマー ( 当時 29 歳 ) が脱退するも、 同年 5 月に岡山県から takumi( 当時若干 18 歳 ) が ドラムスティックだけを持っ て名古屋へ引っ越し、 ENTHに加入。

新体制になった後もその勢いは留まる事を知らず、 その一癖も二癖も有る楽曲センス ・ 観るものの心を摑み取る
ライブパフォーマンスのポテンシャルの高さが広く認められ、

2016年は YON FES、 DEADPOP FESTIVAL、 HAZIKETE MAZARE FESTIVAL、 ポルノ超特急等の 第一線のライブバンドが主催する大型フェスへ多数出演。

2017年も VIVA LA ROCK、 FREEDOM NAGOYA 等の大型フェスへの出演を控えている。
メロディックパンクを基軸にしながらも、 ラウド、 スカ、 歌もの、 シティポップ等枠に囚われないハイブリットな音楽性は 他のメロディックパンクバンドとは一線を画す。2017年初夏待望の ( 約8年のバンド活動でようやく!! )1st Full Album にて大ブレイク!!! (予定)
するべく Naoki(Gt&Cho) / daipon(Vo&Ba) / takumi(Dr&Cho) の3人でワイワイキャッキャとバンド活動中。